外国人技能実習生を受け入れるメリット

外国人技能実習生とは外国の方が日本で働くことで高い技術を身につけ、母国の発展に貢献する発展途上国にとって有益な制度と言われています。

外国人技能実習生は中国やベトナム、ミャンマーからの受け入れが多く、日本で働くためには長期在留するための技能実習の許可を取得する必要があると言われています。

外国人技能実習生を企業が受け入れるメリットは多数ありますが、その1つに経営の国際化ということがあります。

外国人技能実習生に関するマニアックな情報をお届けします。

実習生との交流を活発に行なうことで異文化に触れあうという体験ができ、社内の国際化が進みます。


国際化が進むことで今後海外から実習生を受け入れたときに戸惑うことも少なくなり、よりスムーズにコミュニケーションを取ることが可能となります。



実習性の多くは技術を学ぶために高い意欲を持って日本に来ている若者が大半で、彼らの仕事に対する情熱や意欲を目の当たりにすることで既に働いている社員の意欲を再び向上させるという目的もあります。


また、実習性に仕事を教えることで今まで見過ごしていた作業工程やマニュアルを見直す機会が増え、より効率良く仕事ができるように改善させることで業務の効率を大幅にアップすることも可能です。



他人に教えることで自分自身の仕事に対する理解をより深めることもでき、自身のスキルアップにつなげることも可能といわれています。


会社が今後海外進出を考えているのであれば、実習生との交流を帰国後も継続することで海外進出への足がかりとすることも可能です。

現在進出を考えていなくても、新しい可能性広げることができるでしょう。